名古屋覚王山からパリ15区に引越し5年目になりました  掲載写真の無断使用はお断りします。 copyright (c)2007-2011 march321k all rights reserved  


by march321k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フランスの哺乳瓶とミルク事情

a0094960_958177.jpg
                       ドイツ製と日本製

プラスチック製が圧倒的に多かったフランスの哺乳瓶でしたが去年のはじめはまず見ることのなかったガラス製の哺乳瓶、去年の終わりごろからよく見かけるようになりました。





うちは今ドイツのメーカーnukのものを使用しています。日本やカナダ、アメリカではずいぶん前から問題になっているビスフェノールAに関するニュースや記事がフランスでもようやく話題になってきたのと同時にガラス製が薬局や赤ちゃん用品のお店で気軽に買えるようになってきたと思います。プラのものもビスフェノールAを含まないと表示されているものが増えています。

nukに限らずですが、こちらのものは日本の哺乳瓶のように吸わないと出ない・・というものは見かけず、下に向けると穴からぽたぽたと自然にたれてきます。月齢によって穴の大きさが変わるようです。そんなわけで、5分もしないうちにあっという間に飲めてしまい、ナップ君、母乳を飲む感覚で頑張って吸わないと出てこない日本製の哺乳瓶では飲めません(汗)ちなみにお姉ちゃんの時はまったく逆で時間のかかる日本製の哺乳瓶の乳首に慣れてしまい、保育園の哺乳瓶は出すぎてびっくりしたのか全く受け付けませんでした(笑)そうそう、nuKの哺乳瓶はたれ防止のうち蓋が哺乳瓶本体と乳首の間についていて外出の際、便利です。 

a0094960_1001832.jpg

(粉)ミルクですが、フランスでは共働きが普通で、経済的な事情(平均の収入が意外と低く、共働きしないとやっていけない家庭が多い)などにより早く仕事に復帰するママが多く、母乳育児を早くからやめてしまう(見直されてきてはいますが)家庭が多いためか種類がかなり豊富な気がします(Galliaシリーズ上写真他にもlactofidus,消化のよいdigestがあります)

メーカーは日本同様いろいろありますが、NestleのNidalや Danoneの Galliaシリーズなどがメジャーなところだと思います。うちは出産した病院で1度目の時Galliaを使っていたという理由でGalliaを利用。(ちなみに今年は同じ病院ですがNidalでした。毎年交互にメーカー変えてるのかな^^;))普通の成分のミルクはスーパーなどでも買えますが、うちは両親ともアレルギーがあるのでアレルギー物質を低減したGallia HA(※1というのは0から6ヵ月までのミルク。7ヶ月以降は2)を使ってきましたが、こういった少し特殊なミルクは薬局で買うことになります(処方箋なしでOk) 【追記】Gallia digestはスーパーでもみかけました。

写真左のGallia ARというのは吐きにくいタイプのミルク。小麦粉の一部成分が入っていて少しとろみがつき、吐きやすいナップ君が一時期飲んでいました。ただアレルギー対応のミルクではないので、このミルクを飲みだしてから徐々に乳児湿疹(eczéma)が顔の一部やお腹や胸のあたりにできだしたので使用を中止。

a0094960_102366.jpg写真のmagic mixといとうもろこし由来の成分
でできた粉を加えてもう一度Gallia AHに
戻し飲み、さらに毎日肌クリームを塗って
なんとか湿疹も治りかけてきたところ、
病気の治療で飲んでいた抗生物質の
副作用でかまたひどくなり、








a0094960_1031721.jpg
つい最近こちらのミルク(Nutriciaというメーカーのpepti-junior)を飲むようになりました。Gallia HAよりよりアレルギー物質が少ないそうでTの病院でも使っているそうです。これにかえ、クリームも油脂の多いタイプのものに変えてからまだ日が浅いのですが乳児湿疹がだいぶ落ち着いてきたように思います。量のわりに値段高めですが処方箋ありでcarte vitalを見せるとだいぶ値引きされます(処方箋なしでも買えるそうです)



ところでフランスでも日本のように水道水でミルクを作ることもできますが、水道水のカルシウムなどの成分が赤ちゃんに負担なためか、それとも普段からペットボトルのミネラルウォーターをよく飲むためかミネラルウォーターをよくミルク作りに使用します。

a0094960_1051066.jpg大体のミネラルウォーターがミルク作りに適していると思いますが、写真のように赤ちゃんの写真やOKの
文章が印刷されたものが選ぶときの目安になるかなぁと思います。衛生面の問題もあり一度蓋をあけたボトルはできるだけ早く使い切り新しいミネラルウォーターを使用とのことですが、水道水のように煮沸しさます必要がないのでミルク作りはだいぶ楽です。





a0094960_1062059.jpg最後に赤ちゃんが便秘になったとき、よく使うのがHéparというマグネシウムが沢山含まれたミネラルウォーター。普通の大人でも便秘対策?で飲んでいる人が多そうですが赤ちゃんにもけっこう効果的です。






長くなりましたがこれからフランスで出産する方、
子育てする方少しでも参考になったら幸いです。
[PR]
by march321k | 2010-04-28 10:50 | 子育て