名古屋覚王山からパリ15区に引越し5年目になりました  掲載写真の無断使用はお断りします。 copyright (c)2007-2011 march321k all rights reserved  


by march321k
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

みーちゃんの幼稚園入園と3歳の誕生日 


a0094960_317763.jpg

5日はみーちゃんの誕生日&幼稚園の初登園日でした。


うちの園ではpetite section(年少さんクラス)の場合、普通の登園時間より1時間遅く登園して、クラスにいっら、ずらっと保護者と子どもが並んでいて担任の先生と簡単な話をし書類を渡され、少し一緒に部屋で過ごしてお別れ・・でした。
仕事にそのままいく保護者も多く、スーツ姿の人も多かった。でも特に親が残って何かをするということはなくても、思ってた以上に両親で来ているところも多くて、カメラやビデオで記念撮影している人も沢山いました。
それに案の定、た~くさんの子がお母さん達と別れた後、激泣きしてた。(それもほとんどが男の子、そうえいばママも一人大泣きして校長先生に慰められていました)
みーちゃんは初日はわりと平気で泣かなかったけど、次の日はいつも一緒のdoudou(ぬいぐるみ)を園に置いていけない(決まりでお昼ねの時に使う園専用のdoudouが必要)ためか、はたまた沢山の子が泣いてたせいか、別れ際大泣きしてました(その後はけろりとしていたそうです)
a0094960_3181782.jpg

事前の校長先生との話では、両親が働いていない家庭は園に慣れるまで(今年一杯)給食は家で食べてねとの話だったけど、担任の先生と話をしたらプレイグループをしている火木は給食の利用もOK、お迎えも16時20分~40分でOKと簡単に許可が下りてほっ。で、月金(水はもともと休み)はどうしようかなと悩み、園が家から遠く、子どもの足で15分は歩かないといけなく、お昼を家で食べまた登園となると大変なので、月金は午前中のみ、火木は午後までとなりました。
1週間の中で長い日と短い日があるリズムは子どもにとってどうだろうと先生に相談して聞いてみたら、先生もこの8時半ごろ~16時半までの長時間(日本の幼稚園や小学校低学年より長いですよね)は年少さんには初めは長すぎると思っているようで、年内までは問題ないよとの話でした。
(フランスは共働きが多いので、子どもの体力よりも大人の都合を優先して初めから長くなっている気もします)。今日会った隣の市にすむ、やはり3歳の子のママも、同じリズムでいくようですし、彼女がいっていたように、せっかく覚えた日本語をしっかりみにつけるためにも、当分は午前中だけの日は午後、親子でゆっくり公園で遊んだり、日本のテレビなども楽しみながら過ごそうと思います。


a0094960_319233.jpg

そんなわけで3歳の誕生日の午前中は、幼稚園登園が重なり、かなり忙しく(パパが登園時間を間違え3度もいったりきたり)落ち着かない日でしたが、午後は この絵本↓
a0094960_3405985.jpg
を見てたのでクッキーを作ったり、遊びも兼ねて指絵の具と使って手形を取りケーキを焼いてみんなでデコレーションをしたり、おうちでのんびりお誕生日の準備をしました。ちなみにみーちゃんのディナーのご希望はなんと「てんぷら」(笑)というわけで御赤飯を予定していたし、見事和食ディナーでした。


誕生日プレゼントはご希望にこたえ3輪のキックボード。自転車と迷ったけれど、試乗してペダルがうまく前に
こげなかったので、キックボードになりました。キックボードこちらでは大人も普通に乗っていて初めは変な感じでしたが、ちょっとした移動に便利ですよね。小さい子には、片足でバランスを取るのも、もう片方の足で上手に地面を蹴り飛ばすのも難しいようで、ほんとうに少しずつ少しずつ前に進んでいますが・・
a0094960_3205426.jpg

まだまだ小さく、そして幼く、でもそれがかわいい3歳児さんですが、
今年も少しずついろいろなことを経験して元気に成長して欲しいなと思います。
[PR]
by march321k | 2011-09-07 00:33 | 娘のこと