名古屋覚王山からパリ15区に引越し5年目になりました  掲載写真の無断使用はお断りします。 copyright (c)2007-2011 march321k all rights reserved  


by march321k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

幼稚園一ヵ月経ち

a0094960_13341580.jpg

じつは今日より、日本にもう一度いってきます。


日本に行く前のこの2週間ぐらいはなぜかもう周りはすっかり秋の様子なのに、
夏日が戻ってきていて、みんな長い冬を前に、ここぞとばかり外での食事を楽しんだり、
公園で日が暮れるまで遊んだり、ピクニックしたり、また水着になって池の周りで
日焼けしたり(笑)わたしたち親子も、あいわらずではありますが、
いろいろな公園にいって外遊びを楽しんでいます。

幼稚園がアンドレシトロエン公園方面になったので、この頃は
こちらで遊ぶことも増えてきたのですが、今はどんぐりがいっぱい。
a0094960_1338393.jpg

この頃みーちゃん、同じクラスの同じ班の女の子とよくここで会ってこうして
一緒にくっついて遊んでいます、まだ3歳児さんでお互い幼いのもあって話は
あまりしないようですが、一緒に何か同じ動きをしたり、すごすだけで楽しいようです。
そしてこの二人、髪の色や長さ、体格も似ていて、二人並ぶとなんだかかわいいです。
a0094960_1410746.jpg



みーちゃんの幼稚園生活もだいたい1ヵ月経ちましたが、予想通り、フランス語を
あっという間に吸収し、以前はわたしとの会話にフランス語を話すことは
ほとんどなかったのにこの頃混ぜることが増えてきました。
外国人同時の家庭で少し心配しましたが、小さい時から行っていた保育園の
おかげか、今のところ言葉の補習クラスも受けなくてよいようです。

そして朝クラスで別れる際、少し泣いてしまうけれど、その後は楽しくすごせてるみたい。
先生から園での様子を聞く機会や、月1回どんなことをしたか記録したノートを
見せてもらえたのですが、フランスの幼稚園、いろいろなことをさせてもらえるみたいです。
公立でしかも無料(もちろん給食は親の収入に応じて有料、そしてちょこちょこ
寄付などはありますが)なのに、すごす時間は長くて始めのうちちょっと子どもは
大変だけど、先生も熱心だし、ついつい立派だなー、親の参加は多そうだけど
よい教育システムだなと思ってしまいます。
特に、言葉の面ではうちのように移民家庭も多いし、言葉をスポンジのように
どの言語もわけ隔てなく吸収する頭の柔らかいうちに学べるのはよいなと実感しています。

幼稚園生活に母子共だいぶ慣れてきた月末には9月生まれの子の
誕生日会があり、予定日の3日ぐらい前に、ケーキと飲み物を用意してねと
先生に言われたので、、日本のようなふわふわで生クリーム一杯の
スポンジケーキは作るのももって行くのも難しいなぁと、フランスでは無難(定番??)
らしいチョコレートケーキ作ってもっていきました。
(cc-ristさんの誕生日ケーキのデコレーションかわいかったので、参考にさせてもらいました)
a0094960_13474712.jpg

日本でも園で園児さんの誕生日会はするけれど、クラス単位でお祝いしたり
親がケーキを用意したりすることはないので、なんだかこのイベント、
誕生日のお祝いを大人になっても大事にするフランスらしい習慣だなぁ・・
なんてついつい思ってしまいます。
娘はこの日、みんなにお祝いしてもらってか、迎えに行ったらテンション高く非常にご機嫌でした。



ちなみに、ナップ君の託児所ですが・・
2歳近くとかなり大きくなって入ったので、予想はしていたけれど、
慣らしで一人ですごす間、かなり泣いてしまいました。
だから、慣らし時間、1時間から2時間となるところ、30分と元に戻ってしまった(汗)
今までパパか実家のおじいちゃん、おばあちゃん以外の人とママなし(ねえちゃんもなし)で
過ごしたことがないからしかたがないなとは思っていますが、
また日本から戻ってきたら、一からやり直し、まぁゆっくり頑張ろうねといったところです。

a0094960_1474351.jpg

日本に戻る前、16区のイエナ方面に用事があったので、そちらに行った際
カンボジアのクメール彫刻など東洋のよいものがそろってるギメ美術館の横を
通ったら、お札展をやっていたようで・・思わずみいってしまったのですが
これふだというよりは、おれにみえてしまいませんか??


なんやら今回は幼稚園、託児所の慣らしで非常に忙しく
ぜんぜん一時帰国の準備の進んでいませんが、なんとか今回も
子連れフライト一人で乗り切って、日本楽しんでこようと思っています。
[PR]
by march321k | 2011-10-02 14:34 | 幼稚園