名古屋覚王山からパリ15区に引越し5年目になりました  掲載写真の無断使用はお断りします。 copyright (c)2007-2011 march321k all rights reserved  


by march321k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:妊娠( 8 )

お腹ぺちん、なでなで

a0094960_1324375.jpg




ノエル(クリスマス)まであと1週間
本物のもみの木やプラのも
みーちゃんがむしり食べてしまう^^;)
のが目に見えているので
先週末みーちゃんが寝ているすきに
かーちゃん急きょ紙でできた
卓上のツリーをこしらえました。
来年も2子目が同じ状況だと思うので(笑)
もう一年手作りツリーが活躍するかな。




                     
        

             さてさて今週に入り妊娠36週目を迎えました。
             35週の時点で一番高い位置にあったお腹が
           だいぶ下がったようで、不思議なほど歩くのが楽になり
             前はのろのろだった足取りも急に軽くなりました。
              2番目ちゃん頭の位置も下にさがり着々と
                 出てくる準備をしているようです。




a0094960_039795.jpgみーちゃんもどんどん大きくなっていく
ママのお腹が気になるようで
だいぶ前からママの服からお腹
をだし、初めはパチンと、なでなで
だよーと教えたら最近はママの顔色
を伺いながらさするようになりました。
赤ちゃんなりに何かがいる(笑)と
感じるのでしょうか。

以前cc-risさんと話をしていて
お友達の子に20ヶ月の男の子と
2ヵ月の弟がいて、上の子はジャルー
(嫉妬)からか弟を全く目に入らない
ようにしているとか^^;)

     うちは上が女の子だし、さらに小さいので(ただいま15ヵ月)また反応も
      違うかもしれませんが、さて生まれたらどんな顔するのでしょうねvv
                   母さん今から楽しみ。



今回の妊娠では家事と子育て、Tの世話でいっぱいいっぱいで
一人目の時のように、経過を書いたり、そもそもブログ自体
なかなか手につかなかったのですが、
予定日までちょうど1ヵ月だしお腹の子のことと
自分の体の変化を少し書いておこうと思います。

気になる方(笑)続きをどうぞ
[PR]
by march321k | 2009-12-18 02:04 | 妊娠

二人目


               身近な人や直接会った人にはもう 
                   伝えてあるのですが
             二人目を授かりました。ちょうど4カ月目に
                   入ったところです。

             
             実は、受けようと思った美術の学校に
            年齢制限のため断られ、それではそろそろ
           働きに行こうか・・と思った矢先の妊娠だったので
          初めはちょっと戸惑いました(去年出産したばかりだしvv)

              でも今ではせっかく私達に訪れてくれた命
              大切に育てていきたいと思っています。

          最近、よくコメントをくれるじゅなママがブログで紹介してくれた
              詩
を知ってよりその思いを強くしたところです。

 

         まだみーちゃんが小さいので1人目の時のように疲れたら休むって
            わけにはなかなかいきませんが、かーちゃん育児と
                もう一度マタニティライフ頑張るよ
            (現在育児書と妊娠出産本同時並行読み中(笑))


          ところで、お友達のecureuilさんもほぼ同じタイミングで
               二人目が☆(もうブログに書いたかな?)
         なぜか出産予定日が10日以上違うのは摩訶不思議ですが
           さて同時出産なるか?!来年の1月初旬楽しみです。

a0094960_234138100.jpg


               みーちゃん、そんなお顔2番目ちゃんにしたら 
                        泣いちゃうぞー。
[PR]
by march321k | 2009-07-20 00:01 | 妊娠
 
  
a0094960_68215.jpg

  こういった挿入歌で始まる「お話でてこい」という話を小学校の給食の時間に
 放送部がよく流してました・・・もちろん今のわたしの心境は娘よ早よでてこい(笑)です。


 いちおう予定日は9月12日なのですが、
 こちらは予定日より早く生まれることが多いようなので、
 
 ひそかに来週迎える20代最後の誕生日前までに
 産めないか、と期待してるのですが(焦)
 
 まだ生まれる気配なし(今日触診があって、そのおかげか
 ものすごく子宮あたりが痛いけど・・・)

 待っても待ってもそれらしい兆候がなかったので、
 ここ2週間ぐらい
 後回しにしてた苦手な縫い物系や
 好きだけど 普段の生活に必要でない工作系を
 ちくちく、ちまちまやってました。

 a0094960_642178.jpga0094960_651081.jpg
a0094960_66585.jpga0094960_673055.jpg




  
  






 


モビールとベベのベットに飾る揺れるめりーさん。
こちらの本を参考に作りました。
 a0094960_6165192.jpga0094960_6172981.jpg 

 

  


  

 あー満足。
 

 かれこれ日本で6月に本を購入して2ヶ月以上放置していたのですが
 娘がほんとうに予定日に向かって(汗)
 順調よく育ってくれてるおかげで
 作りたかったものはすべて作り終えました。

 もういつ出てきてもいいからねぇー。

 
 

a0094960_6245537.jpgもしかして初刺繍??ちょっと意地悪そうな
蜂さん付きよだれ掛け。 
[PR]
by march321k | 2008-09-04 06:50 | 妊娠

朝っぱら(4時過ぎ(汗))から
蚊の来襲にあい、
もう寝られそうにないので
ブログ書いてるまきたんです。

それにしてもなぜ日本でもフランスでも
毎度一人刺されるのだろう・・・・・・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
a0094960_15174219.jpg
さて。昨日38週目の検診がありました。バカンスから戻ってきた人が多いようで
(ほんとフランスの妊婦はちゃんとバカンス取るんですねぇ)
そのせいか妊婦が座れないぐらい異常に混んでいて
またもや合計で2時間半ぐらい待たされたのですが、

心配してた子どもの頭の位置ちゃんと下に下がってました(ほっ)

これでなんとか帝王切開は避けられそうです。
前回(36週目)のエコの時点でなぜか頭を下から横向きに変えていた娘、
その後の2週間でまたに姿勢を変え、
いよいよ彼女も出産に備えているらしい。

てか、あなた動きすぎ~~。

さすがにもう動くことはないと思うけど、
36週とか子宮も狭いぐらい大きくなっても
90度位置を変える子もいるんですねぇ(^^:)

お友達からも同じような話を聞いたし、
前回のエコの先生もぜんぜん気にしてなかった様子から
察すると、わりとあることなんでしょうか。

とにかく2人でずっと心配してきたことだけに
安堵してか、ここ3日ほどずっと続いてた軽い頭痛さえ
どこかいっちゃいました♪

あとは無事生まれてくるのを待つのみです。


つぶやき:ずっと気楽に構えてきたけど、さすがに間近になると気になるのが
       陣痛。どのぐらい痛いのかなぁ・・・今はそれが心配事項??
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

話は180度変わって久しぶりに映画の話。

a0094960_14444995.jpga0094960_14452910.jpg


※写真はこちらから借りましたhttp://www.cinefil.com/



妊娠後期から
極端に好きな映画を観にいける機会が
減っていたのですが、
出産後はさらにいけないだろう危機感(涙)と
ちょうどやってた3jours3eurosというパリ市主催の
映画が3日間1本3ユーロで観られる期間を利用して
近所の映画館で2本観て来ました。

1つ目は「versailles」という
あのヴェルサイユのそばが主な舞台の
小さな男の子とその母、ヴェルサイユの森に住む
男の人の話。
この男性の演技がいいという前評判だけで
観るのを決めたのですが、
わたしは子役の子の演技のほうが印象に残りました。
彼はおおげさだといってたけど、
実際フランスのどこかで起こってそうな
現代のお話です。

2つ目はディズニー映画のなかでは一番好きなピクサーが作った
「Wall.e」予想以上にいい映画でしたよ。
評価は人によってかなり変わるかもしれないけれど、
スターウォーズのR2D2が好きだったり、
かわいい系キャラが好きな人は
かなりはまりそうです。

映像も洗練されていてとてもきれい。

ちょっとシビアな話でもあるけれど、
それに夢を持たせるのがディズニーっぽい
作りかなぁと思いました。

終わった後もWall.e(ウォーリー)ともう一つのメインキャラEve(エブ)
のつたない呼び合いがあまりにかわいくて
しばらく彼とまねして呼び合ってました♪

日本ではいつごろやるのかな?
興味のある方是非観にいって感想聞かせてくださいね。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日はこちらもそろそろタイムリミット?最近発見した
javelそばのカンボジア料理レストランにランチにいこうと思います。
子が生まれたら気軽に外食するのも大変みたいだし、
カンボジア料理のみ扱ってるお店は
けっこう珍しいので今から楽しみです。
[PR]
by march321k | 2008-08-21 15:35 | 妊娠

dernierere echograhie


a0094960_5144818.jpg

                    とうとう60kg台突入・・・・

最後はたぶん1年半前
東京の焼き鳥屋^^;)であった
大学時代の友人が
先週1週間我が家に泊まりに着ていました。


彼女今はワーホリを利用して
ドイツのハイデルベルグというお城が
有名な街で暮らしているのですが

今回学校の休みを利用して
パリに遊びに来てくれたのでした。

一人でもどんどん動ける人で
アミアンのカテドラルを日帰りで見に行ったり
モンマルトル、モンパルナス、オルセーに
ヴェルサイユ宮殿・・・と1週間にしては
なかなかいいペースで
パリ中心にバカンスを楽しんでました。

家の周辺以外はもう外出するのが
そうとう億劫になってきた
わたしは公園の散歩や買い物以外は家に残り、
ここぞとばかりに
別の友人から借りたフランス料理の本を参考に
ケーキやらキッシュやら普段作らないようなフレンチ
作りを満喫(juraさんありがとう♪)

夕飯やお茶にそれを出しながら
友達の今日の出来事を肴に
日本語でのおしゃべりをしっかり楽しみましたよ。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

彼女がドイツに帰ってしまった直後は
もてなし疲れと別れの寂しさからか
どーっと疲労感と無力感が押し寄せてきて
週末は何もする気がおこらず
ようやく今日になって久しぶりにブログを書く気力が
わいてきた次第です。


で、ようやく本題の先週撮ったエコグラフィーの話。

かれこれ2週間ほど前の検診で、
1ヶ月前に撮ったエコの記録を見た
主治医が標準より少し小さいのが気になったようで
診察の一週間後、ちょうど先週の今頃、
その後ちゃんと育っているかを調べる
エコグラフィーを撮ることになりました。
(なんだかややこしいですね)


結果は約36週目にして2516gとちゃんと成熟児に達してました♪

この1ヶ月でお子は1kg増えた計算。ちなみにわたしは3kg+(汗)

とりあえずもういつ生まれてもいいぐらいに
育ってくれ一安心です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、わたしの通っている病院のマタニティには3人のエコの先生が
いるのですが、2回目と最後のエコを撮ってくれた先生は
終始朗らかで彼が男の子がよかったのを知ってか知らずか
「もう性別は変わりませんよ」と冗談を言えるいい先生だったのですが、

ひどかったのが3度目の
ちょうど小さかった時を診てくれた先生。


この先生の時、予約を受け付けた人がちゃんと
予約を入れてなかったようで
この日10時の予約が、1時間をすぎても
いっこうも呼ばれる気配がなく、
私以外の午前中の予約者がさばけた12時過ぎ
ようやく撮ってもらえたのでした。

1時間すぎて呼ばれないのをおかしいと思い
彼が受付に聞いた後、カルテさえないことがわかり
エコの先生にそれらが伝わると、彼女はものすごい勢いで
「もうこれ以上できないわよ!」など電話の向こうの誰かに
怒って騒ぎたて、エコをはじめる前には、
挙句の果てに

tout le monde est la victime(みんな犠牲者なのよ)」
と驚愕の一言。

確かに貴方のミスじゃないけど、一番の犠牲者に対して
それはないんじゃない?

・・・なんていえず

待ちくたびれた疲労感と無事撮ってもらえた安心感?からか
終わった後、弱々しくメルシーといって部屋を出る
おとなしいアジア人二人・・・


散々待たされ後でお腹も減りa0094960_7165936.jpg
この病院のそばにある前から
気になっていたレストランで
おいしいもの食べ、この日は
怒りもどこかへいってしまった
のですが(単純)

今回の最後に撮ってくれた
エコの感じのよい先生の診察を経て
今頃になってふつふつと怒り再燃。

だってこの3人目の先生、いつもくれる一面にエコの結果が印刷された
写真はくれず、どの部分かよくわからない写真を一枚ぺらでくれた
明らかな手抜き仕事をし、

そのうえ、

「小さめですか?」といった質問に対し
「アジア人だから普通よ」との返答。

わたしはこの返答にへんに納得していたのですが、
後日彼がいうには、人種に関係なく、子どもは最終的に
だいたい3,000gぐらいなるよう徐々に
お母さんのお腹の中で成長するのだとか。

なんだかちょっと差別のニュアンスを感じ、他のいろいろな彼女の
仕事の仕方も含めいやーな印象がぬぐえない人なのでありました。


でも、彼女みたい人が多いかは別として、
予約したのにちゃんと取れてない
ということ(ダブル、トリプルブッキングなども)
フランスではよくあることだそうですよ。
そして、こういったことに対し誰もあやまらないのがフランス流なのかも。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

長々と愚痴ってしまいましたが、目下気になっているのは
わが子今どこに頭あるの??(笑)ということです。
というのも最後のエコでなんと36週目にして頭が下だった前回に対し
横にきてたのがわかったのです。

もう生まれる直前なんですが(汗)
このままお子の位置が横向きで出産ということになったら
帝王切開以外なさそうなかんじ。

順調だったマタニティライフ今頃になって
ちょっとあせってますが、
その後また位置が変わった気がするし
(確か32週以降は変わりにくいのでは・・・)

なんだか直前になってひやひやしています。
もしかするともう一度エコを撮ることになるのかも・・・
[PR]
by march321k | 2008-08-12 08:09 | 妊娠

病院のこと、体形の変化のこと
気ままに書いてきましたが
最終編、妊娠して日々感じる日仏のいろいろな違いです。

a0094960_23501473.jpg


今一番頭を悩ませてる日仏の違い
それは、出産後に必要なベベの洋服、
その他をそろえること・・・

More
[PR]
by march321k | 2008-07-13 02:50 | 妊娠

8ヶ月間の体の変化


今週から32週(妊娠9ヶ月)に入りました。

妊娠とは面白いもので、この数ヶ月間の間にどんどん
外見(体形)も中身も変わっていきます。

たまたま大きな問題もなく今まで順調にこれたので、
こんなことがいえるのですが、
けっこうこの変化をわたしなりに
楽しんでいます。

もちろん、マイナートラブルも多くて大変ですが、
残りの1ヵ月半程お腹にお子を抱えている期間を
満喫?したいと思います。

以下は自分自身の記録の意味もあるので、
興味のある方!?は覗いてみてください。

※月の数え方は日仏式で一ヶ月違うので
今回は日本式に数えるとします


続きを読む
[PR]
by march321k | 2008-07-08 09:34 | 妊娠

ただいま31週目、
来週よりいよいよ妊娠9ヶ月(日本式)に突入です。

この間、体の変化はもちろん、
日仏の病院・システム・妊娠についての考えかたの違い
について、いろいろ思うところがあったので
それを3回に分けて書いていこうと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1回目は病院・医療システムの違いです。


①妊娠が分かったらすぐ生む病院を予約
日本のように何ヶ月かすぎて選択し予約・・・
してるわけにいかないようです。
出生率が高いことが理由かと。

うちの場合は彼がいくつか病院宛に手紙を書き
申し込みました。最終的には彼が小児の救急をしている
公立小児病院のNECKERのマタニティに決まりましたが、
一般的には電話で直接申し込むようです。

②医療の分業
NECKERが決まった後は、基本的に定期健診やエコグラフィーなど
一括してこの病院で行われますが、決まる前の初めてのエコグラフィーや
特定の病気(妊娠糖尿病など)の血液検査などは
家の近所のラボなどで行われます。
普段は気づかなかったけれど、
意外と近所にあったりしてびっくり。

③Drも分業??
これはプライベートの病院や産院には
当てはまらないかもしれませんが、

問診(検診)のDr、エコグラフィーのDr、血液採取や体重、血圧測定
の看護師・・と徹底して分業しています。
それぞれのDrもエコは毎回人が変わったり
問診のDrは基本的に同じ人ですが
バカンスの関係でこの間は前回エコを担当してくれたDrが
代わりをしていました。(今はバリ島だとか)

ちなみに検診とエコは別の日で、
エコは約3ヶ月に一回程度で
日本より回数が少ないのではと思います。

④Drの横で着脱・・・
これもプライベートの病院にはあてはまらないかも?
でもわたしがかかるところはだいたい検診の際、着脱をするような
着替え部屋や仕切りは全くありません(涙)
よって診療台の上やその周辺でそのまま脱ぐ、着る。
Drには男性が多いので初めはすごーく抵抗がありましたが
もうこれは慣れるしかありません(実際慣れると意外と平気)

⑤血液検査は毎回
検診のある時に必ず行われます。
※検診時は尿検査、血圧、体重測定も必ずあります
これは一番初めにやった検査でトキソプラズマ
(生肉やペットの唾液、ふんにいる寄生虫)
に対する抗体がなかったため。

日本人はだいたいこの抗体がないそうですが、
日本ではなくても特に気にしなくていいそうですね・・

なぜかここフランスでは、ものすごくトキソプラズマに対して
厳しく、普段犬猫に触らない、食事等で気をつける
(これはまた別の回で書きます)以外にも
感染していないか、毎月採血して調べます。
感染したら早めの治療ができるので確かに
いいことではありますが、
日本では検査項目からはずすとこもあるとかで
なぜここまで違うのか未だに疑問です。
注射が嫌いな人にはフランス式
つらいと思います・・・・

⑥体重測定は靴を履いたまま
家でも靴を履いたまま過ごす家庭が多いお国柄か
靴は脱いだりしないでそのまま測定。
ブーツであっても、サンダルであってもおそらく-1Kg
してる様子(汗)おおらかな国です。
ちなみに体重が大幅に増えても、日本のように厳しく
注意されたりしません。
一度1ヶ月で1,5kg近く増えた時があり、心配してたずねたら
「普通よ」と返されました。

⑦薬がよくでる
特に鉄やビタミン系がよく処方されます。これはDrによるところも
大きいようですが、妊娠してすぐの時期に毎日
なにかの錠剤?を1ヶ月程飲んでました。今思うとあれは
葉酸かも??今は鉄分を毎日飲んでます。
日本はできるだけ、薬に頼らず、ビタミンや鉄分などは
食事から取るという考え方のようですが、
こちらの食事では賄いきれないのか、
足らないものは薬で補い、
それも割と抵抗なく普通に飲まれているようです。

⑧無痛分娩
まだ経験してないけれど
これがフランスの出産では一般的。
一応出産直前に無痛か自然分娩か選択できるみたいですが、
だいたいみんな無痛を選ぶみたい。
マタニティには基本的に産科と麻酔科かセットのようで、
よって?日本の助産院のような施設はほとんどなく、
大きな病院で産むのが一般的でもあります。
わたしも生む前に一度麻酔のチェックが予定されています。
当日は大きな注射を腰あたりにブスリと刺されるようですが
それでもきっとわたしは無痛を選ぶだろうなぁ・・・

⑨出産にかかる費用はほぼ無料
これは日本ととても大きな違いです。
この国の医療保険は
出産は病気ではないためカバーできない
日本の医療保険と違い、
出産に関することもほぼ医療保険でカバーしてくれます。
プライベートの病院では費用も少し出てくるようですが
公立病院であれば、妊娠中の検査代、薬代、
出産の際の分娩、入院代もかからないようです。

日本では出産にかかる費用は40万以上
はかかると聞きましたが、フランスなら医療保険に
入っていれさえすれば、費用がかからず安心して生め、
さらに生んだ生んだ後も手当てが
日本以上に出るので育てやすい環境といえます。
こいった点も欧州一高い出生率(2007年1.98)
を保てる理由の一つではないでしょうか。
(日本は2007年度1.34)

ちなみに、うちはまだいろいろ問題があり結婚してないのですが
そういったカップルのわたしでさえ第二号保険者として彼の医療保険
に入れています。これは大変ありがたいことです。
こういった点、フランス万万歳です。
[PR]
by march321k | 2008-07-04 08:31 | 妊娠