名古屋覚王山からパリ15区に引越し5年目になりました  掲載写真の無断使用はお断りします。 copyright (c)2007-2011 march321k all rights reserved  


by march321k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:習慣の違い( 3 )

初めてのストライキ


話ぜんぜん違いますが
サルコジとセシリアとうとう別れちゃいましたね。

同じ日の今日、10月18日、
こちらにきて、初めての大規模なストライキ(greve)
がありました。

RATP、RERなど公共の鉄道、バス、メトロなどの交通ストライキ。

カイエドパリによると、
メトロですが、
無人の14番線は平常運行
観光地に近い1番・4番あたりは5本→2本間隔だったり→1本だったりと
まったくなくなるわけではないみたい。
(うちの最寄の12番は運行は保障できないとのこと・・)

ということは
観光客には被害最小限にして、
地元の人は被害被るってこと??
(かってな予想)でしょうか。

このストライキ、今日が一番大きかったようですが、
そういえば、今週あたりからメトロが
なかなかこなかったり、妙に車両が混んでいたり・・
と18日に向けて少しずつ
本数を減らしていたかんじです。

幸い?語学学校は、ストライキが事前にあることがわかっていたため
(予告されるようになったのは今年から)
先生も近くに住んでない人は無理に
来なくていいよとお達しくださいました。ほっ。

自転車でいけないことないなぁと思いつつも
(実はどのぐらいかかるか心配だったので
その前日に予行練習してたりして)

でも、前日の行動がハードで疲れが溜まっていたので、
悩みつつも結局休んじゃいました。

だから、近所のマルシェに出かけた以外結局
家にいたので、特別大変なこともなく済みましたが、
お仕事や出なきゃいけない講義があった?学生のみなさん
お疲れさまです・・・



ところで、公務員だったわたし。公務員のストライキは日本では禁止よねと、
今回の件をニュースなどで、みて思い出すわけです。
フランスでは公務員のストはよくあるみたいで、
お国が変われば、こうも変わるのかと
かなり驚いています。

今回のストは交通企業(企業なんですね、でも公務員??
なんだか不思議。カイエドパりさん)
の職員の特別年金制度について、反対する
内容だとか。日本とまったく反対で(訂正します)
定年を60まで引き上げ、年金をもらうと年を延ばす
もののようです。


日本でも、こういった制度改正があると、
確かに組合などで、必ず反対はしますが
フランスのように公共機関はストはできないので、
結局ほとんど国のいわれるがままに
なっている日本。

普段の移動に不可欠な交通公共機関が
機能しないのは
とても不便で、困ったことですが、
公務員であっても、上に物を申す権利がある
(時には変更させたり、廃止させたり出来る)
この国の人が少しうらやましくもあります。


明日は通常通りに戻ってるかな?
[PR]
by march321k | 2007-10-19 07:30 | 習慣の違い

お祭り騒ぎ


先週の土曜、ちょうど彼が朝から、次の日まで仕事で
いなくて、暇だったので、
マレ地区にあるスウェーデンの文化センター
でやっていたおもちゃのblio展を見に行きました。

その帰り、時間もあったので、ソルドを見がてら、
バスティーユのfnac(オーディオ関係や、パソコン、
カメラ.本などが売ってる店)に行こうと
歩いていたら、

なんだか地に響くすごい音・・・・

ポリスもいるし、ただならぬ雰囲気に近づいていくと


なんとゲイのデモなのでした。

a0094960_093821.jpg


日本よりはだんぜんいいとお思いますが、
ここフランスでもゲイについての偏見はまだまだ
強いらしく
この日はテレビのクイズ番組でも
ゲイのカップルが登場していました。


ゲイのデモとはいえ、
テクノのライブもあってか
一般の人もいっぱい。
(誰がゲイなのかよくわからないほど)
あっちこっちで踊りまくってました。

a0094960_020491.jpg

中央にあるのは、
バスティーユの塔
なんですが、
普通に人が登って、
お立ち台のごとく
がんがん踊ってます。

おもしろいけど、
日本ではまずありえない
よな・・・・
とかついつい考えちゃいます。





a0094960_025279.jpg

               

a0094960_0284540.jpg


バス停の屋根に上って踊る人もいても、
ポリスでさえも見逃し、(見守ってるかんじ)

みんなで一緒にお祭り騒ぎを
楽しんじゃってるのでした。

こういったいい意味でもいい加減さ
あるフランス人、けっこうわたしは
好きで、この日は
好きなテクノも聞けて

なんだかラッキーな気分でした。
[PR]
by march321k | 2007-07-04 00:40 | 習慣の違い

とほほな一日

a0094960_6572645.jpg

             疲れた日は花に癒される・・・

少し前にエッフェル塔側の
masion de la caluture du japon
という施設に鈴木清順監督の古い映画を
観に行きました。

その行きの最寄の駅でのこと。

この日に限って、その日使った切符と
以前に使用してたまっていた使用済みの切符を
まとめて全部、途中の乗り換え駅のゴミ箱に
捨てたところ
運悪く切符所持の点検にあってしまいました。

そうそう
こちらの切符は日本のように改札を出る際に自動的に
回収されないので、使用済みの切符は自分で
捨てざるをえず、
いつの間にかかなりポケットに溜まってしまうんですね。

これが、改札を通した時に押される
日付の入る位置や記入の仕方ががばらばらで
しかも、うすかったりするため、
新しい切符と使用済みの切符
とが区別しづらく
溜まるとかなりうっとうしい・・・・

a0094960_6581820.jpg

            どれが使用前の切符でしょう?


そんなこともあり、まさか点検に会うとは
思わず捨てたのですが、

彼が事情を説明しても、まったく聞き入れてもらえず
(見逃してくれる人もいます)
結局35ユーロ罰金を払うことになりました(;-;)


パリではお金を払わず不正に乗る人がいるので
この点検がけっこうまめにあるんですが
(だから改札を出るまで持ってない
といけないんですね)

以前にも切符の使い方を勘違いして
乗ったトラムでもやはり35ユーロ払っていて


この日は映画を観る前から二人で
かなりへこんでいました。



ところが今度は映画の後に行った靴屋で・・・・・

少し前に買った靴がサイズが少し小さいことに気づき、
前日電話で返品できるか確認し
okということで、この日の午後に行くとの
アポをとっていたにもかかわらず、

次の日から始まるソルド(バーゲン)
の準備のため、店が早めに閉まり(;-;)
店員さんがいるのに
入れてもらえず、またで直さなければ
ならないのでした(とほほほ)

靴のほうは、次の日いやな予感と裏腹に
簡単に返品に応じてもらえましたが。


切符の罰金も靴の返品の時のことも、
日本ではまずありえない
ことなので、こういういやな経験が重なると
かなり疲れます。

制度や習慣が違うから仕方がない
とは思うのですが、
慣れるのにまだまだ時間がかかるんだろうなぁ・・・・
[PR]
by march321k | 2007-07-01 07:04 | 習慣の違い