名古屋覚王山からパリ15区に引越し5年目になりました  掲載写真の無断使用はお断りします。 copyright (c)2007-2011 march321k all rights reserved  


by march321k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:映画・テレビ( 3 )

お勧めminuit à paris


a0094960_956086.jpg

3,4月とそういえば映画館で映画観てないなぁーと一時帰国前
あわてて、今こちらでやっていいてどうしても観たかったこの作品を観てきました。

街のポスターとカーラ・ブルーニが出演することだけ知って観た感想・・・


うーん、大好きな映画!
よいストーリー・きれいな映像・よい音楽が聴けた後の気持ちのよいほろ酔い気分を
しっかり味わうことができました。
確かにはじめのころ一瞬「ん?」と思うことこありましたが、すぐに違和感なく次の
展開・出会いが楽しみな夢心地な1時間30分になりましたよ。


パリのよき時代の街並み、服装・車はいつの時代でも魅力的に見えるし
マリオン・コティヤールの美しさも際立ちます。

又、今のパリの街であっても、こんな意外なストーリーの展開を違和感なく
実現できてしまうことにあらためてパリってすごい街だなぁと思うと同時に
そこに目をつけたウディ・アレンにも恐れ入りました。

音楽もよいです。前もどこかで、ここによく使われる
音楽聴いて、やはりよいなと思ったのですが、
それもウディ・アレンの「ギター弾きの恋」でした。
ジプシージャズのリズム大好きです。

2011年のカンヌ映画祭受賞は逃してしまったようですが、
パリを舞台にした映画で(アニメ以外)は一番好きかも。

みなさんも機会がありましたら、是非映画館で観てくださいね。
お勧めします!

それにしても久しぶりの映画館での映画、予告やCMでさえ嬉しかったなぁvvvvvvvv
[PR]
by march321k | 2011-05-23 10:00 | 映画・テレビ

potiche



今月はTの協力もあって映画を2本観ましたよ。
2本目は気になっていた「potiche」。
a0094960_21364734.jpg


思ったことはカトリーヌ・ド・ヌーブは何歳になっても、
何をしてもきれい(この映画ではかわいらしい)ということ。

かわいらしく見えるのは、オゾン監督の演出のおかげかな?
「8人の女たち」以来ですが、
オゾン×カトリーヌ・ド・ヌーブの作品やっぱり好きです。

70年代らしいラブ&ピースの雰囲気を感じる衣装や
音楽も楽しめました。

ただ、フランスの映画を字幕なし(フランスなんだし、当たり前なんだけど)
で観て、楽しむにはまだまだ修行が足りず、他のフランス人の観客と同じところで
あまり笑えず、ちょっと残念な気分でした。
これがフランス語字幕付の海外の映画やアニメならだいぶいいんですけどね。
またpotiche,日本語字幕で観たいなぁ。

次回は来月公開予定の「une vie de chat」を観に行きたいと思います。
[PR]
by march321k | 2010-11-22 21:41 | 映画・テレビ
先日子ども達が寝ているすきにTに子守を頼み、月に一度あるかないかの映画を見てきました。

普段なかなか見にいけるものではないので、いつも観たくなる映画を沢山紹介してくれる
モンパルナスさんにオゾンの「potiche」と映画「La graine et mulet」の監督の作品
「Venus Noir」と上の3本でどれがお勧めかお聞きして、Les Rêves ・・を観に
よく好きな映画を上映してくれるsept parnassiensに行ったのですが・・・
a0094960_92253100.jpg



まずダンスに使われている、音楽がすごくいい。それに青年期から大人に変わっていく過程の子達の清清しいエネルギーがピナバウシュ達の指導や、ダンスすることを通してどんどん変化し、各個人の魅力的が引き出されていく過程がなんとも素敵。

<追記> 肝心のダンスも、クラッシックでもない、わたしの知っているコンテンポラリーでもないおもしろい表現。でもこれだけを観に行く価値があるくらい、おもしろく、人間の持つ笑い、悲しみ・・などの感情をあらゆる身体の機能を使って、「動くこと(ダンス)」で表現させたピナバウシュたちはすごいなぁと今書いていてあらためて思う。いろいろなパターンのダンスがあったけれど、時々、映画の一シーンを観ているのではと錯覚することも多かった

最後にピナがそれまでダンスの指導などでずっと支えてくれた友人を介抱し、その人がものすごくいとおしそうな表情を見せた場面では、思わずこみ上げるものがありました。

久しぶりに聞いたドイツ語の響きやダンスの会場となるホール(建築)、それに印象的に使われてた時代を感じさせるモノレールなど、ドイツなものもかっこよく、なんだかこれだけを観に聞きに、思わずドイツにいきたくなってしまう、そんな映画でもあります。


久しぶりに観終わった後、心地よい気分にさせてくれた良い映画なので、
いろいろな人に見てほしいな。


オゾンのpoticheもとても評判がよさそうなので、来月あたりこちらにいけたらと思っています。
[PR]
by march321k | 2010-11-16 09:46 | 映画・テレビ