名古屋覚王山からパリ15区に引越し5年目になりました  掲載写真の無断使用はお断りします。 copyright (c)2007-2011 march321k all rights reserved  


by march321k
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

覚王山といえば


日泰寺です。
a0094960_14343477.jpg

このお寺は毎月21日に弘法市という縁日がたつことで有名ですが、
よくよく見るとお寺自体もかなり変わっていて
大変見ごたえがあります。

そもそも寺の名前の由来は日本とタイ(泰)の寺という意味から
きていて、
なんと寺の御堂にはタイ国王から送られた釈迦(仏陀)の遺骨が
納められているそうです。

なんでも19世紀に釈迦の骨がインドで見つかったそうで、
それを明治時代に日本に誘致し?、
日本のいろいろな宗派のお寺が共同でお釈迦様の遺骨を納める
どの宗派にも属さない超宗派のお寺『日泰寺』をつくったとのこと。

今でも10以上の宗派の人たちが共同で管理されているようです。

本堂の中は
超タイ様式の装飾、金色ピカピカの仏様が・・よくよくみると頭上には
タイ文字で何か書いてあります。
  
a0094960_14374542.jpg

              ピンボケですこし見えにくいですが

小さな時から弘法さまや年末年始のお参りにいっているお寺ですが、
少し他のお寺と雰囲気が違うなぁ~ぐらいにしか思わず
20才ぐらいのときにようやく
タイっぽい?!日本の仏と違う!!と気づき
衝撃を受けたのを覚えています(笑)

かなり広い境内には祭儀場や超宗派らしく、仁王様がいる立派な門
a0094960_14472935.jpg

や、五重塔まで建っちゃってます。
タイの仏像に超日本っぽい塔となんだか
不思議なお寺ですが、

弘法さまの縁日のときや普段の地元の人の憩いの場として愛されています。

a0094960_14513537.jpg

 先月の弘法さまの一場面。日泰寺につづく参道は屋台をひやかす大勢の人で賑わいます

境内の中でも植物や青果や鮮魚などが売られます。なかなか見てて楽しいですよ。  
a0094960_14542233.jpg

釈迦の名前は別名で『覚王』というそうで、そこから覚王山の地名の由来はきています。
(覚王山は池下と本山を隔てるほんとちょっとした山のようなところにあります)
それにしても、覚王の山・・・ってすごい地名ですよね^^;)


弘法さまの日は地下鉄覚王山の駅がじじばばであふれかえるので、
一刻を争う通勤の身のときは心の底で密かに殺気だっておりましした・・・
でも、退職した今それにもあわないと思うと嬉しいやら、
少し寂しいやら複雑な心境です
[PR]
# by march321k | 2007-04-09 15:14 | 覚王山

その2、京都旅行後半+ちょこっと広島です。
今回も長いです。

後半は安宿を転々しながら、主に大学時代すんでいた西側のエリア(西陣あたり)や
買い物やよくお茶をした三条周辺をバスやら自転車やら時には徒歩で、ほっつき
歩き回っていました。

そもそも、今回の旅のメインは
「大学の時の友達に会うこと」「よくいったエリアやお店にいくこと」で、
おセンチな目的でして(^^;)

前回書くのを忘れましたが、先月3月30日に職場を退職し、
4月26日には名古屋を離れパリに行くので
時間の取れる時に
悔いの残らんよう思い出の京都を満喫しようと思いたったとです。


しかし
どうもわたしは
旅に出ると、日本だろうが、海外だろうが、短い日程でかなり無理な日程を
こなそうとする悪い癖があるようでして(しかも金をかけず)


そんなわけで

初日、妹達と夕方別れた後友達MYと西院で
    坦々麺の夕飯兼モスでお茶(西院のマンスリー泊)

2日目・大学のゼミの時の教授と大学内の職員向けの学食?で昼食
    ・下宿先周辺の懐かしい商店街や道を歩き回り、買食いし
    ・寺(千本釈迦堂)で仏像鑑賞(快慶らによる鎌倉・平安時代のすごいのがあります)
    ・友達MMと夕食を白梅町の『いただき』で、さらに教授に誘ってもらった
     京都市立近代美術館の夜のレセプションに出席
     (夜桜をバックに音と映像を使ったアートが楽しめました)
    ・宿の側の『船岡温泉』(銭湯)でのんびり♪(ゲストハウス泊)

3日目・北大路のゲストハウスに移動、自転車を借りて桜が咲き始めた                    鴨川をサイクリング。
    ・おいしい水がでる御所横の梨木神社で水をゲットしたり
    ・気になっていたパン屋『hohoemi』や今出川河原町側のケーキを
     買い走り
    ・やはり気になっていた新町通りの『ガスパール』で超お得のフレンチランチ
    ・お茶で有名な『一保堂』の茶室「芳木(かぼく)」で和菓子とお茶をいただく
    ・夕方は大学時代の友達BEとYMと蛸薬師六角の『豆菜』で夕飯、お茶
    ・最後にやっぱり船岡温泉へ(ゲストハウス泊)

次の日の早朝広島へ・・母親と合流 安芸の宮島(広島駅側の普通のホテル泊)
最終日      原爆ドーム、平和記念館 →友達に会いに四日市→名古屋へ
a0094960_3543441.jpg

    世界遺産にもなっている厳島神社の鳥居前でみんな潮干狩りしてます!

最後の広島二日間はだいたい一日一つの目的で動けたし、
しっかりホテルのツインルームで休めたので楽でしたが、
2・3日は自分で書いていて
あきれるぐらい一日の目的がいっぱいいっぱい
ありすぎですね・・・(--;)

でも、どの店や場所も大学時代よく行っていた、或は卒業してからかなり
行きたかったととこばかりで、
忙しいながらも、たくさん行けて大満足な旅になりました。

特に『船岡温泉』
銭湯代¥390で広い湯船、ヒノキのお風呂や露天風呂が楽しめ、
そしてなにより
脱衣所などの花などがデザインされたタイルの装飾や天井の彫刻がすばらしく
(天井に鼻の長ーい天狗がいます!)
それを見にいくだけでも十分価値があります。

あとお茶の『一保堂』のお茶室『芳木』はまったりおいしいお茶とお菓子がいただけるので
京都に来た際は何度でも足を運びたくなるお店です。
a0094960_382162.jpg

  奮発して玉露を飲みました

今回初めて行った『ガスパール』もお得ランチは2号店のみでしたが、a0094960_38491.jpg
ここも5つから選べるメイン
(わたしは鴨のミンチとトマトのソテー?を選びました)とパスタ・
野菜のマリネ・ソテー・パン・スープ・飲み物・名物のグレープフルーツプリン(めちゃうま)で
¥1000のランチが大変お得でした。その味とボリュームでかなり人気
かならず予約したほうがよさそうです
(今回わたしは張り切って開店と同時にいったものの、3時間半待つはめになりました)



そうそう(1)でもちらっと書きましたが、
2日目のゲストハウスは偶然個室が空いていてラッキー♪
だったはずなのですが、
なんと銭湯から帰るとふすまの向こうから
カップルの話声が・・・・(叫)
なんでこんな安宿に・・・と半分あきれながら寝ようとしましたが、夜中まで続いていた
宿の入り口側でやっていた宴会の声もうるさく
ほとんどこの日は寝た気がしませんでした。

さらに次の宿も、
京都の古い町屋を改造したいい感じの宿で、
おまけに安かった(ドミトリーで¥2000)のですが、
和室の一部屋を女4人で、まるで合宿のように布団を並べて寝るスタイルで、
11時過ぎに銭湯から戻っても荷物はあっても誰も戻らず、それが気になって
なかなか寝れない状況が続き・・・・・

結局二日分の疲れを引きずったまま広島へ行くことになりました(;-;)


店のことばかり書いて、友達との話はどこかへいってしまいましたが、
やはり大学の時の友達と会うのはいいものです。何年かぶりのはずなのに、
毎日会っているような気持ちで、又明日も話しの続きが出来るような気持ちで
楽しい時間をすごしました。

もう卒業して5年近く経っているので、
みんな転職したり、結婚していたり・・といろいろでしたが
長い時間を一緒にすごした友達ばかりなだけに
会う回数は少なくとも、お互いを思い合う気持ちは変わらないことが
分かりとても暖かい気持ちになることが出来ました。


これで長い旅の話はおしまいです。
始めの二つに比べ急に長くなってすいません(T-T)

今週は少し時間が取れるので、地元の覚王山のことや仕事のこと
書いていこうと思ってます。
[PR]
# by march321k | 2007-04-09 04:14 |

ほんと久しぶりの更新です(お知らせしてみてもらっていた人すみません(>_<)


タイトルでもあるようにこのブログでは主に地元の名古屋覚王山周辺とパリでのことを書いていこうと思っていますが、

時々脱線して(^^;)趣味の旅行・写真・絵・音楽なんかのことも書いていこうと思っとります・・
覚王山・パリ情報をお探しな方は今回はお暇なときにでも読んでください♪


で、今回は退職後しばらく飛び回っていた京都・広島の話です。
長くなりそうなので、まずは京都での話を。


京都では、4日間!も滞在して、始めの1泊2日は双子の妹とその友達姉妹と
嵯峨野の宿坊に泊まり、
残りはマンスリーマンション(ワンルームを一泊から旅行者に開放している)
やゲストハウスを転々とし、主に大学時代の友達に会っていました。

じつは本当は友達の家に居候させてもらうつもりでしたが、直前に連絡したためか、
どこも泊まれず(;_;)手ごろな価格の宿はほとんど花見客で満杯
(京都は桜の咲く春と紅葉の秋は2ヶ月前に予約でも遅くないのです・・)
かといって
残っていた高級な宿に一人で滞在する気にもなれず、
なんとか¥2000~¥4000で泊まれる、最近新しく出来てきた西陣や北大路周辺ゲストハウスを見つけてそこに泊まることになりました。
でも、やはり、そこはゲストハウス・・・後編でも書きますが、いろいろありほとんど寝れなかったです(T_T)


で、始めの一泊二日は妹達とは主にお土産・グルメツアー&寺巡り。
今でも手作りしてるので有名な金平糖のお店や風呂敷の店・・・
などべたな京都観光をしてきましよ♪
私が初日、街の中心をぐるぐると連れまわしたこともあり(^^;)
みんな二日目はへとへとでしたが、
御所・嵐山の大覚寺・京都駅南の東福寺・・と寺巡りもしっかり楽しみました。

ところでおいしいものを食べるのも好きなわたしですが、
今回一緒に旅したメンバーは以前ベトナムでB級グルメを一緒に満喫した人ばかり♡
なので、特別高いものは食べていませんが、
おいしいご飯を求めて、『MEETS』という雑誌を参考にいろいろなお店に行きました。
その中で特に印象に残った
今出川丸太町にある『はやし』という懐石の食べられるお店。
お昼に他の行きたかったお店が満員ということで、
いくつか電話したどり着いたお店ですが、
お料理がおいしいこともさることながら、器やさりげないサービスが素敵でした。

後半はまた次回に・・・
a0094960_2312351.jpg

[PR]
# by march321k | 2007-04-08 23:16

卒園式


23日職場で卒園式がありました。

ちょうど今日名古屋で桜が開花した事を新聞で知りましたが、

うららかなやさしい日差しの中

一年間見ていた子どもたちを送り出すことが出来き幸せでした。


もちろんもう子どもたちの成長を見守れない寂しさもあるのですが、

どの子達にも新しい保育園、幼稚園、学校でたくさんの経験を積み、たくさんの人を味方につけ

世界を広げてくれることを願ってやみません。


a0094960_23252990.jpg
[PR]
# by march321k | 2007-03-23 23:27

 20年以上暮らした覚王山を離れ、2007年4月末彼のいるパリ15区に引越します。

働き出した4年前は夢にも見なかった海外移住です。

 
出国まで残り約1ヶ月を残すのみになったので、ちょっとあわててですがこれまでの仕事のこと、覚王山を中心とした街のこと、そして新しいパリでの生活を少しずつ綴っていきたいと
思ってます。
a0094960_2251847.jpg
[PR]
# by march321k | 2007-03-21 23:00