名古屋覚王山からパリ15区に引越し5年目になりました  掲載写真の無断使用はお断りします。 copyright (c)2007-2011 march321k all rights reserved  


by march321k
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:パリでの生活( 60 )

ホームケア お鼻の掃除

a0094960_23441680.jpg


先週風邪引きさんがごろごろしていたまきたん家
上記のものに大変世話になりました。


これはいわゆる使い捨てタイプの生理食塩水。
日本では見たことがないけれど、フランスでは薬局や
スーパーなどで安価な値段で気軽に買うことができます。
(日本のコンタクトレンズの使い捨てタイプの目薬に似ているかな)

日本で鼻が詰まったり、鼻水が止まらなかったら
耳鼻科にいって、まずはお医者さんにきゅーと細い管で
吸引してもらうと思うのですが、こちらでは、この生理食塩水を鼻に差して、
その水で鼻の汚れを中に流し込みます(笑)。はじめはちょっと気持ち悪いけれど、
慣れると意外と平気です。

お友達に聞いたところ、こちらの子どもはある程度の年齢になったら
自分でこれでピューと鼻洗浄するとのこと。

アレルギー性鼻炎もちのうちの娘(母ゆずり)はしょっちゅう鼻を垂らしているため、
すぐネトワイエ!(お掃除)と父母にこのチューブを鼻に差し込まれ毎回
大暴れで抵抗してくれますが(時に流血騒ぎも)
はていつか自分でいやな顔せずできる日が来るんでしょうか。


この鼻洗浄すごく原始的ですが、風邪の初期や予防で効果があるし
すぐ鼻が詰まりやすいべべのケアを家でできる点で便利かなと思っています。
鼻の汚れがひどい場合は液を半量ぐらい流し込み、一端押したチューブを
離して汚れをチューブに吸い取らせだしてしまうとずいぶんすっきりします。
そうそう、鼻のみでなく、目やになど目の汚れ、肌の汚れ拭きにも使えるし
その点でも便利ですよ。

少し長引きましたが先週の水曜に発熱してその後ひどい鼻水、痰に
苦しんだまきたん、この鼻洗浄と水分補給のみでなんとか薬を使わず
風邪が治ってきました。昨日まで咳のしすぎで液体や固形物を飲み込むのさえ痛かったし、
もうこんな風邪こりごりなので、次回から気を抜かず(実はフランスは乾燥しているためか
日本にいたときは決まって寒くなる冬、鼻炎で病院通いでしたが今はほとんど鼻炎の症状でず
なのです)早めの段階できゅっと鼻掃除しようと思います。


※いろんなメーカーのものがでていますが、
上のメーカーのお勧めです。フタを切った先がとがっていず、
まるみがあって、ベベの鼻を傷つけにくいです。
[PR]
by march321k | 2010-02-17 00:03 | パリでの生活

秋の終わり


a0094960_91782.jpg

             先週あたりまできれいだったいろとりどりの
                紅葉した葉っぱもすっかり枯れ落ち、
                 冬のどよんとした灰色の空と
                   風景にかわっていくパリ。


                   晴れたり、風が強かったり
                   夜のうちに雨が降ったり・・と
                 天気がいまいち安定しないけれど
             
              1歳2ヵ月少しまえからトコトコ歩き始めた
                      娘のために
                     天気が良い日は
                 公園によく行くようになりました。

a0094960_8471975.jpg

                  まだまだはいはいも多いけれど、
                   自分で歩く楽しさをしった娘、
               公園で葉っぱを見つけてはちぎったり 、
                はとを追いかけようとしたり、他のお友達や
              その子の遊びの道具にちょっかいをかけたり・・と
                こちらが見ていても微笑ましい。
             
                母ちゃんはさらに大きくなったお腹と痛む
                腰を支えながらえっちらおっちらとべべの
                    遊びに付き合います。
            


a0094960_8455475.jpg

           歩くペース今のわたしとみーちゃんいい勝負かも^^;)
[PR]
by march321k | 2009-11-29 09:04 | パリでの生活

家族ビザを持ってから1年以内に切り替えなければならない
運転免許証・・つい先日ようやくゲットしました☆

a0094960_1184994.jpg



盗難にあって日本の免許証を紛失したのが6月、
出産を予定していることもあり日本にあわてて再発行のため
帰国したのが8月、
そしてランデブーを取るためだけにcitéに行ったのが9月・・

ともうこれだけでもなが~い道のりなのに、

その先はもっと長かった!(気持ち的に)

More
[PR]
by march321k | 2009-11-09 02:38 | パリでの生活

引越とその後

a0094960_148323.jpg

まきたん家、引越から3週間ほど経ち
ようやく新しい生活に慣れてきました。
freeは10日ほどで使えるようになったのですが
(でもなぜか未だに電話は使えず)
引越後何かと忙しくなかなかブログまで手が回らず、
前回の更新からずいぶん経ってしまいました。

More
[PR]
by march321k | 2009-10-25 02:04 | パリでの生活

秋深まりつつ


a0094960_324535.jpg                


日本より秋の訪れが早いフランス。
いつの間にか街路樹が黄色く
色づいてきました。


写真はブログで知り合ったAYAさんと
カフェコンスタンにいった帰りのエッフェル塔。

↑に少し早めに店についたら、オーナーと
日曜の12時にfrance5でやってる
料理番組のおじさんが話してました。
意外に小さく、しかも細かった(笑)
いつもテレビで見る人が普通にお店に
いるのって不思議な感じです。それにしても
相変わらずここは何を食べてもおいしい。
星つきレストランより好きかも






ところでいよいよ引越の日が来週に近づいてきました。
今日はついに鍵を受け取り、そのついでに新しい家にいって、
何をどこにおくか・・など見てきましたよ。


台所や洗面所が狭い、隣人がうるさい・・・などいろいろ不満が溜まっていた今の
コンバンションの家もいざ離れるとなるとやはりなんとなく寂しく、
特に家から出てすぐのマルシェに今のように気軽にいけないのはちょっと残念だったりします。

a0094960_3145998.jpg

そんなこともあって、名残を惜しんで、先週末はこのあたりでみんなが一番!と
いうマルシェの魚屋でえび、あさり、いかを買ってえびとあさり(&いか)のトマトスープを
作りました。参考にしたのは平野由希子さんの「ル・クルーゼで料理2」
えびやあさりのだしがしっかりスープに溶け込んで
おもわず自分でおいしいっとなんどもつぶやいてしまいました。
今がおいしいジロル茸も一役買ったみたい。


そして1週間もしないうちに離れるコンバンション、住む街といったところで
観光するものは何もないのですが、意外なものがあったりします。
離れる前に書いときたかったのでちょっとご紹介。

a0094960_4143018.jpg

まず、ぜんぜん有名じゃないけど、ガイドブックにも一応載っている
エコール・ド・パリの芸術家が住んだ「ラ・リュシュ(蜂の巣)」。家から10分ほどにある
ジョルジュブラッサンス公園のすぐそばにあります。
シャガールや藤田嗣治・モディリアニが貧乏なころここで暮らし、互いに刺激しあって
独自のスタイルを確立していったそうです。
残念ながら内部は見学できませんが、もしかすると個人的に訪ねれば見れるかも?
(以前、道を歩いていたらしぶや・しんじゅく・・とささやいて来たおじさんに一緒に行こう
と誘われました--;もちろんあやしすぎて断りましたが)



a0094960_426435.jpg次なるおもしろいもの?
はうちの家から2本道を北に
行ったところにある
料理学校ル コルドン ブルー
近くにあるのは前から知って
いたけれど、まさかこんなに
近いとは。最近まで
知らなかった(汗)意外と
こじんまりしています。
そして普通の住宅街の中に
なにげなーくあります。




そして最後はうちの隣のポルトガル大使館(笑)
a0094960_5522938.jpg

普通のアパルトマンとぜんぜん見た目はかわらないし、ほとんど人が出入りしている
様子がないので、今でもほんとに大使館?って横を通るたび思っちゃいますが
扉に書いてあるのを読むとどうも本物らしい・・


パリは山手線の内側ぐらいの広さなので、思いもよらないものが
こんな場所に・・ということがよくあります。霞ヶ関のようなところもないので
官公庁もいろんな区に点在してたりするのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

家のそばの紹介はこのぐらいにして、
戻って来週に控えた引越。
今回わたしがぜんぜん戦力にならないのと、平日に引越なので
引越業者に頼んだわけですが、初め検討していた日系の業者
どこもなかなかいい値段します。N社はいきなり「おいくらぐらいいただけますか?」
(汗)と聞いた上で電話で見積もりし、K社は電話してすぐ家まで見積もりにきたのは
いいけれど、その後なしのつぶて・・一番対応がよかったT社もN社とそうかわりはなく
結局日系の半額でやっくれるらしい(安すぎて逆にちょっと心配な)
フランスの業者に頼むことになりました。
もう少し時間はあるので、ある程度荷造りしようと思いますが
さて来週どうなることやら・・
まぁぼちぼち無理のない範囲でやる予定です。
[PR]
by march321k | 2009-09-29 23:58 | パリでの生活

椅子が届いた


もう一時はあきらめかけていた
べべの椅子が先週末ようやく届きました。
a0094960_365679.jpg

注文したのはみーちゃんがちゃんと
お座りできるようになった5月の中旬頃。

10日で届く予定が、1ヵ月経ってもなんの音沙汰もなく
家を買うことで頭がいっぱいなTをせっついて7月初旬
購入先にメールを送らせたら
なんと途中で壊れた(愕)からまた送りなおすとのこと。

2ヵ月近くかかってなんとか届きました。


こういうこと(連絡なし、ありえない理由で届かない)
さすがなんでもありなフランス、よくあります。
(窓ガラスが割れたときも修理の人のトラックが壊れて
直してくれるのに10日ぐらいかかったし)

実は今回買ったSTOKKEのハイチェア(ベビーチェア)
普通にお店で買うとかなりよいお値段がします。

一度はその値段で買おうかと思っていたところ
cc-ristさんにsauvel natalで安く買えたと
教えてもらい、さっそく店に見に行ったのですが、
もう今は販売していないとのこと。

そういうわけで、正規の値段で買うのがあほらしくなったので
今度はインターネットで探したところ、
4piedsのプロモーションと ebayで安く買えることを発見。
4piedsは届くのに2週間かかるというので、
そういうわけでebayで初めて買ってみたのです。

でも、結局2ヵ月もかかったし(汗)、初めから4piedsで
買えばよかったなー(後悔)

実はebayってけっこう有名な多国籍間でやり取りする
オークションのサイトらしく、
購入先(出品先)はオーストリアの何とかさん。
一応その人から新品を買ったのですが、

開けてみたら、一部部品や説明書がなかったり
(もちろん保証書もなし)椅子を固定する金属の棒の一本に
ねじがうまく固定できずちょっと欠陥品ちゃう??
ってのを買ってしもうたわけですvv

まぁ、なんとか説明書なしで組み立てられたし
(インターネットさまさま)、足らない部品がなくても
なんとかなりそうなので、普通に使っていますが。
みーちゃんも同じテーブルで食べられて嬉しそうだし
結果オーライ?!

でもインターネットの購入は気をつけないとですね。
とくにオークションのサイト。国が違うと言語も違うし
クレームをつけるのも一苦労です。


それにしてもSTOKKEのハイチェア。
いいです(母椅子好き)、
デザイン性がよいだけなく成長にあわせて、
足やひじの位置が調整できる(これけっこう大事)
おすすめでーす。
[PR]
by march321k | 2009-07-14 03:22 | パリでの生活

家探し

a0094960_21164154.jpg


                   盗難騒ぎではご心配おかけしました。
                     その後、暑さで体調を崩したりと
                      少々わたしばてぎみでした。
                    今は家族みんな元気にしております
          
           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                      さて、じつは結婚式の後から、
                   コンバンションの周辺でこの間ずっと
                        家探しをしていました。


                    約2ヶ月ほどかけて10件見て周り
                  家から一駅向こうのPorte de Versailles
                 によい家(もちろんアパルトマンです)を見つけ
                 つい先日、notaire(公証人?)と持ち主を交え
                Denfert-Rochereauのそれは素敵なオフィスで
                        契約をしてきました。

              このnotaireを介して契約の確認やサインをするしくみや
              不動産屋を通す以外に、家の持ち主(proprietaire)
               から直接交渉し、買うしくみなど、日本ではなさそうな
                      不動産の売買を今回経験して、
                 またフランス社会の違った一面を見た思いでした。

                    

                    それにしても、フランスらしいというか、
                         おもしろかったのが
                      いくつかのproprietaireの家。
                  まだすんでいる状態で売りに出してる人も多く、
                      生活の様子が丸分かりなのです。
                   ちょっとしたお宅訪問をしている気分でしたが、

                   なかには、ぜんぜん掃除もされず、寝室に
                      洋服が散らばっているお宅(汗)や
               食卓のない家、これは住宅事情の悪いパリならでは
               ですが、大きくなった子どもに部屋をあて、親達は
                       サロンで寝るお宅などなど・・

                  直接話ができるので、いろいろ聞けるのですが
                   売りたい理由も子どもが大きくなったから
               もう少し大きな部屋に引っ越したいから・・などいろいろ。
                      なかには田舎の母が病気で・・など
                    私情をダイレクトに伝えてくる人もいて、
                  直接買うのはおもしろいなぁ・・と思いました。

              
             結局私達は、不動産屋を介して購入することになったのですが、
       一般的に不動産屋から買う場合、値引きの相場(もともと設定された値段から
      交渉次第で数%下がります)が5%前後なところ、持ち主が早く売りたかったようで
          すぐに8~9%近くまでがりました。直接proprietaireから買う場合の
         値引きの相場は6~7,8%だそうなのでいい買い物をした気分です。

               
                  初めは3部屋で探していましたが、予算の関係で
                 結局2部屋のアパルトマンに当分住むことになります。
            こちらはローンが残った状態で、 家を買い換えるのも可能なようで
               T曰く5~6年(希望)したらもう少し大きな家に引越すそうです。
                ほんとは子どもに部屋を一部屋あげたかったのですが、 
                小学校にあがるぐらいまでは日本風に一緒の部屋で 
                          寝ることになるかな。
          (こちらは赤ちゃんの時から自分の部屋で一人で寝る習慣があります)
             

    。          
           今の小さな商店が集まり、スーパーにも家の前に出るマルシェにも
              すぐいける便利な立地から離れるのは少し残念ですが
            もうフェットで寝られないことも、花屋の準備で毎朝8時半に
            目を覚ますこともない(笑)と思うと嬉しいです。それにようやく
            ストレスの元だった狭い台所と洗面所から解放されるのが
                       なによりわたしはうれしい♪♪♪
           
                   それに今度の家の裏はちょっとした自然の
                 espace vertがあります。夏は虫が心配ですが、
                 緑のおかげでおだやかな日々がすごせそうです。
          
                   
                   というわけでさらにパリのはじっこに
                  今秋10月ごろ引越すことになりそうです。
             またみなさん、コンバンションの家でも、新しい家にでも
                    いつでも遊びに来てくださいね。
 

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
             
             ps 盗難後、携帯を持ちました。番号はそのままなので、
                    お友達のみなさま、よろしくです。
[PR]
by march321k | 2009-07-08 21:32 | パリでの生活

とうとうやってしまいました~><
(いや、やられてしまった;ー;)

激込みの日曜日のマルシェでほんの数秒目を放した隙に
財布やら携帯の入った買い物袋を盗まれました(泣)


経過を話すと、

この日の朝、Tが24時間勤務のSAMUから
帰宅していて、いつものように
のんびりクロワッサンとか食べて、
日曜日の買出しに行こうと思いつつ

ちょっといろいろあり、すぐ出かけられず
結局家を出たのが12時少し前。
夜勤明けで仮眠を取りたいTにベベを
託すわけに行かず、プセット(ベビーカー)に乗せて
ベベ連れで買い物に出かけました。

日曜日のマルシェは混むのは十分承知だったれど(特にお昼前)、
この日は天気もよかったせいか、道も人でごったがえして
ぜんぜん進まない状態。
手持ちの現金があまりなかったので、ほんの少し
カードで現金を引き出し、

その後行きつけのマルシェでめぼしいものがなかったので、
結局いつもいく、八百屋(日曜日だけど、マルシェが立つので
お昼いっぱいやっている)で買い物開始。

ここもこの日は異様な混み方で品定めをする自分のそばに
プセットを置けないほど混んでいて、みーちゃんを見える位置にして
わたしから2,3歩離れた場所に数秒置いていた
そのほんのしばらくの間

プセットのもち手に引っ掛けてあった
買い物袋をすられていました(泣)


中には財布・携帯・家の鍵が。


一応お店と、お金を引き出したあたりを
ぐるっと見回り、盗まれたと観念してからは
あわてて家に引き返し、Tとわたしで手分けして財布の中に入っていた
日仏のクレジットカード、銀行のカードそれに携帯を止め、
ひと段落しましたが・・・・

とにかく盗まれたことが大ショック。
一日ショックショック・・とつぶやいています。

不幸中の幸いで、まだ何も買ってなかったこと、
すぐ使える現金は30€程度しかなかったのと
身分証明書や健康保険のカードは家にあったこと、
それになにより子どもが無事だったこと(まずないと思うけど、
これを機会にありえなくないと思うし、
もしあったらしゃれにならない)

ちょっと怖いのは鍵も盗られているので家に入られる
心配と切り替えの手続きに行こうと思っていた日本の運転免許証も
なくなってしまったこと・・

鍵がないと外出も不便だし、何より誰もいない留守の間が心配。
免許は今日は日曜日でしかももう遅いので
明日問い合わせする予定だけど、
日本に戻って再発行の手続きを・・といわれるのが目に見えているし
ちょっとめんどくさいことになったなぁ・・・と思っています

一瞬とはいえ手をプセットから離した自分
が悪いのですが、思い出せばこの3年間
盗難にあったのは、来て1年目、フナックで視聴に夢中になっている隙に
ポケットの中のメトロのカルネ(切符)を何枚か盗まれたの1回。

どっちも何かに夢中になっている隙に(今回は桃の品定めですー(あほ)
盗られているわたし。

はい、もう特に混んでるところでは(いやいやどんなところでも)
どんなに夢中になろうとも、大事なものは身から離さないよう肝に銘じます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3年目に入り、スーパーでおむつを万引きしたと思われセキュリティに
疑われたり(レジでは袋くれないし、日本みたいにシールとか気のきいたもの
貼ってくれるわけでもないのにどうしろと?といいたい)、

バスの中で例のごとく「ニーハオ」と言われ、「いえジャポネーズ(日本人)
ですよ」といって、「いやみんなそうだ!(アジア人は)」「信じろ!」(笑)と
知的に遅れのあるおじさんに繰り返され、いやな思いをしたり。
(今思えば見抜けなかったわたしが悪いけど、むきになったわたしとおじさんの
やり取りはもうコント以外の何ものでなかった(あほ))

ちょっとついてないな~とへこむことが多かったこのところに、今回の
盗難。3年目で慣れてきた矢先の度重なる悪い出来事、やっぱ知らない間に
気が緩んでるんでしょうね・・・

以後ほんと、気をつけます、わたし。反省。反省。


そうそう大事なこと、お手数ですが、お友達のみなさん電話番号を
メールもしくは鍵コメで教えてくださいまし。
新しい電話番号がもてるまで、ポリスに盗難届けを出したりするので
できるのに1週間ぐらいかかりそうです。
分かり次第連絡しますのでよろしくお願いします。
[PR]
by march321k | 2009-06-22 00:31 | パリでの生活

cérémonie de mariage

 
                     報告遅くなりましたが
                  5月16日パリ15区市役所ににて
                      結婚式を挙げました。

a0094960_2333177.jpg


             当日は例年のパリの季節にしては曇空のこ寒い中
         40人以上の日仏カン越台韓英国籍の知人、友人、その家族が
                参列してくださりにぎやかな式となりました。


             フランスに家族や親戚の少ないわたし達にとって
              普段いろいろお世話になってりる方々に参列、
             祝福していただけたのはなにより嬉しいことでした。
    a0094960_23423279.jpga0094960_2343301.jpg
a0094960_2344346.jpg
a0094960_23452660.jpg

           式後、日本の家族を代表してきてくれた父のマルセイユ
            旅行に同伴していてお礼が遅くなってしまいましたが
        当日きてくださった方々、いろいろな準備、たくさんの贈り物をいただき
        ありがとうございました。この場をかりてお礼を言いたいと思います。
        いただいたものは家族3人で相談して大事に使わせていただきますね。

             そして特に沢山の素敵な写真を撮ってくれたjuraさん
              市役所入り口でバラの花の演出やレストランで
                かわいい子ども達からのプレゼント渡しを
             企画してくれたminimauさん、テモワンをしてくれた
            Sちゃん&B、N&P重ねて感謝を伝えたいと思います。

            またはるばるイギリスやドイツから来てくれた二人のyoko,K
          ありがとう。夜まで一緒にすごせより思い出深い日となったよ。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
               
a0094960_23504965.jpg

                フランスに住んでわたしも2年経ちましたが、
                  彼と一緒に暮らし、去年出産も経験
          その後ようやく結婚(笑)と順番が日本からするとあべこべですが、
          なにはともあれ、結婚をしたことで家族の形がよりはっきりしたかなと
           思っています。彼の国籍取得やわたしの滞在ビザ上の問題など
               この2年間 けして楽な道のりではありませんでしたが、
             今回出席してくれた人たちや家族の応援をはげみに
         なんとか少しずつフランスでの生活が軌道に乗るようになってきました。
        
                今後もいろいろあると思いますが家族で楽しく、
         大変なことも力を合わせて乗り超え暮らしてていきたいと思います。
[PR]
by march321k | 2009-05-22 00:30 | パリでの生活

春になったら

           

                    春になったらつくしがピン
                      もうすぐでるよ
                    お は よ   おはよう!

  
a0094960_17222651.jpg

           3月に入ったあたりから、少しずつ日差しが明るくなり、
               日中過ごしやすくなってきたパリです。
            まだまだ朝晩は冷えるのですが、春はもうすぐそこ
  
  
           春が近づくと、冒頭の職場でよく3月に歌っていた歌を
              思い出します(短い歌は大概少し変ですが)、
         
           フランスにつくしがあるかどうか分からないけれど、
          こちらでは、春が近づくとやってくるきれいな声で鳴く
            鳥やいつの間にか咲き始めた道端の小花に
          出会え、今まで冬が長かった分よけい嬉しくなります。
       

                春になると楽しいのが散歩。
          去年は初めて迎えたフランスの春の素晴らしさに
              公園に行くたび、感動していました。
           冬でもよく晴れていた名古屋の天気と違って
          ほんとパリは冬が薄暗くて寒い、だから冬から春の
        変化は劇的で(ソルボンヌのムッシュ フスケもいってました)
           みんな春になるのを心待ちにしている感じです。
  
a0094960_17225950.jpg
a0094960_17235830.jpg

               今年の春は日本ですが(もうすぐです)
         少し早い春の散歩を保育園のいき帰り楽しんでいます。
          大通りから一本入った住宅街にいつもとまっている
         60年代?ぐらいのルノー車(現役)を見たり、猫に会いにいったり、
           どんどん大きくなっていく花のつぼみを観察したり。
                   こんな散歩もまた楽し。 

          続きは久しぶりの日本の桜の春を楽しんでこようと思います。 

      
       日本に帰れると思うと嬉しい毎日ですが、一方こちらのおいしいもの
       がしばらく食べられないと思うとちょっぴり寂しいまきたん
       今からバゲット、クロワッサン、エクレアなど食いだめしています。
      


         a0094960_17265657.jpg
パリらしい花を当分飾れないのも
寂しいので、久しぶりにバラの
ブーケを買ってみました。
フランスらしい色だなぁと思い
淡いローズ色を購入。香りもよく
匂いがただよってくると
また幸せな気分になります。


  

さてさて娘の成長記録です(4ヵ月~)
[PR]
by march321k | 2009-03-16 20:30 | パリでの生活